コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マグダレナ川 マグダレナがわRío Magdalena

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マグダレナ川
マグダレナがわ
Río Magdalena

コロンビア西部を流れる川。同国南西部,アンデス山脈が中部山脈と東部山脈に分岐するあたりに源を発し,両山脈の間を北流したのち,下流部でサンホルヘ,セサル,カウカなど多数の支流とともに広大な湿地状の氾濫原を形成,バランキヤの下流でカリブ海に注ぐ。全長約 1540km。流路は比較的まっすぐで,流れが速く,水深が激しく変化する。小型汽船は,中流部オンダ付近で急流に妨げられる以外,河口から上流部沿岸ネイバまで航行可能。外洋船は浚渫によりバランキヤまで遡航できる。スペイン植民地時代より交易路として重要な役割を果し,鉱石や農産物が小型船で運ばれ,19世紀なかば以降は汽船による運搬が盛んになった。しかし 20世紀に入ってからは,経済動脈としての役割は道路,鉄道,空路などによって次第に取って代られてきている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マグダレナ川
まぐだれながわ
Ro Magdalena

南アメリカ北西部の川。コロンビアのコルディエラ・セントラル山脈とオリエンタル山脈の間を北流し、カリブ海に注ぐ。全長1543キロメートル、流域面積27万3300平方キロメートル。下流部で最大の支流カウカ川が合流する。可航区間は1295キロメートルあるが、現在恒常的に水上交通に利用されているのは河口より997キロメートル上流のラ・ドラードまでである。最下流部は延長105キロメートルのディケ運河でカルタヘナ港と結ばれる。中流域にはバランカベルメハを中心に油田が多数分布する。[松本栄次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

マグダレナ川の関連キーワードサンタサンタ・クルーズ・デ・モンポスの歴史地区コルディエラ・オリエンタル山脈カルタヘナ(コロンビア)サンタクルーズデモンポスサンタクルスデモンポスヒメネス・デ・ケサダクンディナマルカ州ブエナベントゥラアトランティコ州サンアグスティンアンティオキア州サンタンデル州ブカラマンガマグダレナ州テケンダマ滝エル・ドラドカルダス州ヒラルドトボリバル州

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android