カウカ川(読み)カウカがわ(英語表記)Río Cauca

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カウカ川
カウカがわ
Río Cauca

コロンビア西部を流れる川。マグダレナ川の左岸支流。同国南西部,ポパヤン付近のアンデス山脈に源を発し,アンデスの西部山脈と中部山脈にはさまれた標高 900~1000mの広い谷を北流したのち,カリブ海沿岸の低湿地を北流してマグダレナ川下流部に合流する。全長約 1300km。海岸低地に出るあたりにあるカセレスより下流は航行可能。山間の肥沃なカウカ谷一帯では,1954年以来カウカ谷開発公社により,農業,商業,工業の均衡ある発展を目指して総合開発計画が進められている。火山性の土壌におおわれた谷の両側の斜面は同国有数のコーヒー栽培地帯となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カウカ川
かうかがわ
Ro Cauca

南アメリカ大陸北西部の川。コロンビアコルディエラ・オクシデンタル山脈コルディエラ・セントラル山脈の間の地質構造線に沿って北流し、マグダレナ川に合流する。長さ1015キロメートル、流域面積約7万平方キロメートル。中流部の峡谷状の区間(延長約300キロメートル)により上流部と下流部に分かれる。下流部は定期的に冠水する低平な平野、上流部は南北に細長い顕著な地溝盆地の中を流れる。上流部の幅20~30キロメートルの盆地底には、サトウキビ、タバコ、ワタなどの栽培地と牧場が広がり、また、盆地周辺の丘陵地ではコーヒーが広く栽培されており、コロンビアの主要農牧業地帯をなす。盆地の中央部に同国第三の都市カリがある。[松本栄次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

アースデイ

地球のことを考えて行動する日。1970年、アメリカのG・ネルソン上院議員によって提唱された。毎年4月22日がその日とされており、世界中で環境イベントが開催されている。 アースデイが誕生したきっかけは、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android