コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンデス山脈 アンデスさんみゃく Andes

翻訳|Andes

3件 の用語解説(アンデス山脈の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンデス山脈
アンデスさんみゃく
Andes

南アメリカ大陸西部,太平洋岸沿いに連なる大山脈。南のフエゴ諸島から,アルゼンチンとチリの国境をなして北へ延び,ボリビアペルーエクアドルコロンビアを経てベネズエラカリブ海沿岸まで,ほぼ南北方向に延長 8000km以上にわたって連なる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

アンデス‐さんみゃく【アンデス山脈】

Andes》南アメリカの太平洋側を走る山脈。世界最大の規模をもつ褶曲(しゅうきょく)山脈。6000メートル級の高山が多く、最高峰アコンカグアの標高6960メートル。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アンデス山脈
あんですさんみゃく
Cordillera de los Andes

南アメリカ大陸の西縁を南北に走る大山脈。ベネズエラ、コロンビア、エクアドル、ペルー、ボリビア、チリ、アルゼンチンの各国にまたがり、北緯11度から南緯55度にわたって延びる。その長さは約8500キロメートル、北東への延長であるベネズエラ海岸山脈を含めると9300キロメートルに及ぶ。幅は中央部のボリビア付近でもっとも広く、約750キロメートルに達する。西半球の最高峰アコンカグア山(6960メートル)を筆頭に、6000メートル級の山岳や火山を多数もつ。[松本栄次]

地形

この大山脈は並走する多数の山脈からなっており、それらは数列の山系に大別される。海岸山系はコロンビアのバウド山脈、ペルー南部のイカ台地、チリ海岸山脈など、太平洋海岸に密接して断続的に分布し、チリ南部では沈水して多島海を形成する。西部山系はもっとも連続性がよく、コロンビアとエクアドルのコルディエラ・オクシデンタル山脈、ペルーのブランカ、ネグラの両山脈、ワイワシュ山脈、ボリビアのコルディエラ・オクシデンタル山脈、およびチリ、アルゼンチンの国境をなすアンデス主脈(高アンデス)などから構成される。中央山系はコロンビア北部のシエラ・ネバダ・デ・サンタ・マルタの山塊に始まり、コロンビアのコルディエラ・セントラル山脈、エクアドルの中央地溝帯東側の山脈を経て、ペルーのコルディエラ・セントラル山脈としてマラニョン川上流の縦谷右岸を走り、同国南部で終わる。東部山系はマラカイボ湖を挟むメリダ山脈とペリハ山脈が合してコロンビアのコルディエラ・オリエンタル山脈となり、同国南部で一時消失するが、エクアドル南部のコンドル山脈、ペルー北部のコルディエラ・オリエンタル山脈など2000~3000メートル級の山脈として再生後、ペルー南部からボリビアに至り高度を増し、カラバヤ山脈、レアル山脈となり、5000~6000メートルの高度を保ったままアルゼンチン・プーナ高原の東を限り、同国中部のメンドサ地方に至る。東部山系以東、南アメリカの中央低地帯との間には部分的に1ないし2列の低い副山系が介在する。
 これらの並走する山脈相互間には、多くの河谷、盆地、高原が横たわる。おもなものとしては、コロンビアのカウカ川、マグダレナ川の河谷、エクアドルの中央地溝帯、ペルーのマラニョン川、ウカヤリ川上流の縦谷、アルティプラノ高原(ボリビア高原)、チリ中央地溝帯などがあり、それぞれの地方の主要な居住地域を形成している。アンデス山脈に沿う太平洋底には深さ6000メートルを超すペルー・チリ海溝が並走している。[松本栄次]

地質

環太平洋造山帯の一部をなす山脈で、現在でも地震、火山活動、地殻運動の活発な地域である。プレートテクトニクス(地震や火山などの発生をプレートの相対的運動によって説明しようとする説)の立場からは、南アメリカプレートと南太平洋のナスカプレートとの接点にあたる変動帯で、前者の下に後者が沈み込む所であると考えられている。
 地質的には各山系ごとに固有の特徴が認められる。西部山系は中生代以降現在に至るまで一貫して火山活動が盛んな所で、おもに安山岩質および流紋岩質の火山岩や火山砕屑(さいせつ)岩から構成されている。第四紀の火山は、コロンビアとエクアドルの中央山系内に位置するものを除けば、すべて西部山系中にあり、それらは次の3地域に分かれて噴出している。
(1)コロンビアのコルディエラ・セントラル山脈とエクアドルの中央地溝帯両側の地域(コロンビア・エクアドル火山群)。ウイラ火山、コトパクシ火山、チンボラソ火山などが代表的で、活動的な火山が多い。
(2)ペルー南部(南緯15度付近)からチリ、アルゼンチン北部(南緯27度)までの西部山系(中部アンデス火山群)。火山としては世界最高のオホス・デル・サラド火山(6880メートル)をはじめ、ユヤイヤコ火山、サハマ火山など数座の6000メートル級火山を含め600余りの火山が密集する。活動的な火山としてはミスティ火山が代表的であるが、数は少ない。
(3)チリ中部、南緯33度から同44度付近までのアンデス主脈西側斜面(南チリ火山群)。活動的な火山も多く、またビラリカ火山、オソルノ火山などは容姿の美しい火山として知られている。
 西部山系がこのように火山性の山脈であるのに対し、これ以外の山系は一般的に非火山性である。中央山系は主として先カンブリア時代および古生代前期という比較的古い変成岩類よりなる。東部山系およびそれ以東の山系は古生代以降さまざまな時代の堆積(たいせき)岩からなる褶曲(しゅうきょく)山脈である。ペルー南部とボリビアの東部山系では、この堆積岩に貫入した深成岩類がカラバヤ山脈やレアル山脈の高峰群(アウサンガテ山、イヤンプー山、イーマニー山など)を形成している。海岸山系は、コロンビアではおもに海成の第三紀層よりなるが、チリ海岸山脈では、先カンブリア時代から古生代にかけての変成岩や堆積岩とそれを貫く花崗(かこう)岩類からなっている。[松本栄次]

地下資源

西部山系における長期にわたる火成作用や、他の山系にもみられる深成岩体の形成に伴い、多くの鉱床が生成されたため、アンデス山脈は各種の金属資源に富んでおり、これが植民地時代はもちろん現在でもアンデス諸国の経済の基盤をなしている。主要な鉱山密集地域としては、コロンビア中部の金をはじめとする非鉄金属鉱山地域、ペルー中部のセロ・デ・パスコ周辺の銅、銀、鉛、亜鉛、モリブデンなどの鉱山地域、ボリビアのレアル山脈とその南方延長に展開するスズ、タングステン、アンチモンを主体とする非鉄金属鉱山地域、チリ中部の海岸山脈沿いに延びる銅、鉄、金などの鉱山地域があげられる。このほか、チリ北部から中部のアンデス主脈東斜面には、チュキカマタ、エル・サルバドル、エル・テニエンテなど大規模な銅鉱山がある。
 非金属資源としては、石油、天然ガスがアンデス山麓(さんろく)の堆積盆地に相当量埋蔵されている。ベネズエラのマラカイボ湖周辺は世界的大油田地帯である。このほか、コロンビアのマグダレナ河谷、エクアドルとペルーの国境付近の太平洋岸地域、チリ南部のマゼラン海峡地域などでは従来から小規模な油田が開発されていた。1970年以降、コロンビア、エクアドル、ペルー、ボリビア、アルゼンチンなどのアンデス東麓で相次いで石油と天然ガスが発見され、チリを除くアンデス諸国は石油の自給あるいは輸出が可能になった。
 チリ北部のアタカマ砂漠に産するチリ硝石およびペルー南部からチリ北部の海岸砂漠でとれるグアノ(鳥糞(ちょうふん)石)は、ともにかつては重要な鉱産資源であったが、現在ではその経済的意義は小さい。[松本栄次]

気候・土地利用

経線方向に長く延びるアンデス山脈では、その南北で気候、植生、あるいは人々の土地利用の方法に著しい差異が認められる。このためアンデス山脈は北部アンデス(ベネズエラ、コロンビア、エクアドルに属す部分)、中部アンデス(ペルーからチリ中部サンティアゴ付近までの部分)およびそれ以南の南部アンデスの3地域に細分されることが多い。
 北部アンデスおよび中部アンデスの大部分は、緯度的には熱帯、亜熱帯に属すが、著しい高度を有する山岳地帯であるため、気候の垂直的変化が顕著である。慣用的に1000メートル前後の高度幅をもって、下位より、暑熱帯(ティエラ・カリエンテ)、温暖帯(ティエラ・テンプラダ)、冷涼帯(ティエラ・フリア)、パラモ帯またはプーナ帯、および氷雪帯の五つの高度帯に分けられている。
 北部アンデスは赤道地帯にあたり、気温の年較差はきわめて小さい。その暑熱帯では気温は年中高く(年平均気温24℃以上)、年中多雨で、熱帯多雨林に覆われている。人の居住には不適な気候で人口密度は低いが、一部でバナナ、ココヤシ、タバコなどの栽培と木材の採取が行われている。ただし、カリブ海沿岸地方およびエクアドル南部の海岸地方は、例外的にそれぞれ半乾燥気候およびサバンナ気候となっている。北部アンデスの温暖帯は、年間を通じて月平均気温が20℃前後という常春(とこはる)の気候で、多くの人口を擁し、カラカス(ベネズエラ)、メデリン、カリ(ともにコロンビア)などの主要都市が発達している。コロンビアの主要産物であるコーヒーは、西、中央、東3列のコルディエラ山脈の山腹の高度帯で栽培されている。このほかキャッサバ、トウモロコシ、インゲンマメなどが栽培され、牧畜も盛んである。この上の冷涼帯では、年平均気温が13~18℃で、年降水量は1000ミリメートル前後と少なくなるが、豆類、麦類、ジャガイモ、牧草などが栽培されている。ボゴタ(コロンビア)、キト(エクアドル)などの大都市がこの地帯にある。パラモは北部アンデスの森林限界以上の地域に広がる草原で、ヒツジを主体とする放牧地になっている所が多い。パラモ帯では600ないし1200ミリメートルの年降水量があり、中部アンデスのプーナ帯より湿潤である。北部アンデスでは、一般に4200メートル以上が氷雪帯とされるが、雪線の高さは4700メートル前後であり、チンボラソ火山(6310メートル)をはじめとする5000~6000メートル級の火山やシエラ・ネバダ・デ・サンタ・マルタ山(5780メートル)などの高峰は万年雪を頂いている。
 中部アンデスでは乾燥気候の地域が広い面積を占める。乾燥地域は、ペルーでは山脈の太平洋側斜面の標高2300メートル以下の部分(暑熱帯、温暖帯)を覆うのみであるが、ボリビア付近では海岸から西部山系を越えてアルティプラノ高原上にまで達する。さらにチリ・アルゼンチン北部国境に沿う地域では山脈全体が乾燥気候下に入り、そのもっとも乾燥した部分にアタカマ砂漠がある。
 中部アンデス西麓の海岸地帯は全般的に雨がきわめて少なく砂漠になっているが、沖を北流する寒冷なペルー海流(フンボルト海流)の影響を受け、気温は低緯度のわりに低い。また、大気下層が冷却するため生ずるガルアとよばれる霧や、低い雲に閉ざされる日が多い。この霧と一時的に降る弱い霧雨の水分を吸って矮小(わいしょう)なロマ植生が地表の一部に生育している。ペルー北部のみは、数年ないし十数年に一度、赤道方面から温暖な流れ(エルニーニョ)が南下してきて、大気が不安定になり強い雨が降ることがある。ペルーの海岸地方には、アンデスの高所に降った雨水をもたらす数十の外来河川があり、これに沿う低地や山腹下部には灌漑(かんがい)により耕地が開かれ、サトウキビ、米、ワタ、トウモロコシ、果樹類など多彩なオアシス農業が営まれている。首都リマをはじめトルヒーヨ、チンボーテなど多くの都市が立地し、ペルーでもっとも重要な経済地域をなしている。
 これに対して、中部アンデス東斜面の暑熱帯、温暖帯は高温多湿で、熱帯多雨林に占められ、人口希薄地域である。わずかにボリビア北部の温暖帯に相当するユンガス地方がコーヒー、タバコ、柑橘(かんきつ)類、野菜類および古くからのコカ(麻酔薬コカインの原木)の栽培地として、比較的人口の多い地域をなすのが目だつにすぎない。
 ペルー海岸地方と並び、中部アンデスで人口が密な地域は、高度2300メートルから4000メートルにかけての冷涼帯に属す山間の河谷と高原である。谷沿いに小集落が連続し、谷の斜面一面に耕地が開かれ、ジャガイモ、ソラマメ、キノア(アカザ科の植物で実を食用とする)、大麦などが栽培されている。アルティプラノ高原北部のティティカカ湖周辺はそのなかでももっとも人口の稠密(ちゅうみつ)な地域である。中部アンデスでは高度4000メートル以上がプーナ帯で、イネ科の草本がまばらに生える草原はヒツジなどの放牧地に利用されている。雪線の高度はペルー北部で4900メートルであるが、南方へ乾燥の程度が増すにしたがい上昇し、ボリビアでは5500~6000メートル、チリ北部では6200メートルに達する。
 南部アンデスでは、気候は一般的に湿潤かつ冷涼で森林地帯となっている。強い偏西風の影響を受け、アンデス主脈の西側斜面はとくに多雨で、年降水量3000ミリメートルを超すが、風陰にあたるアルゼンチン側の山麓部は半乾燥気候を呈する。山岳の雪線高度は中部アンデスとの境界付近で5000メートル台から3000メートル台に急降下し、プエルト・モント以南では1000メートル台になり、アンデス主脈の稜線(りょうせん)部は広く氷河に覆われている。とくに南緯46度から52度にかけては大規模な大陸氷河が発達し、氷河は海にまで達する。氷河時代の大規模な氷河で刻まれた急峻(きゅうしゅん)な岩峰や氷河谷が各所にみられ、山岳は険しい様相を呈する。南部アンデスでは、その山中にポルティーヨ(チリ)、サン・カルロス・デ・バリローチェ(アルゼンチン)など若干の著名な保養都市があるものの、中部アンデスのように山間に多くの人々が住むことはない。アンデス主脈と海岸山脈の間に延びるチリ中央地溝帯がこの地方の主要な経済地域となっている。[松本栄次]

植物

気候帯では、アンデス山脈は熱帯から亜熱帯、暖温帯、冷温帯にまたがり、垂直分布上では、高山帯や氷雪帯をも含んでいる。また地形的には、山脈の東側が広大な平地(とくにアマゾン地域)に占められ、西側が幅の狭い砂漠あるいは疎林地域を挟んで太平洋に接するという特徴から、アンデスの植物は非常に複雑である。少なくとも太平洋岸の乾燥地帯、5000メートル級の稜線(高山帯)、高地草原、東斜面のアマゾンに隣接する地域に成立する雲霧林など、いくつかの植生に分けられる。乾燥地帯には海霧を唯一の水分の供給源としているパイナップル科のチランドシア、サボテン、マメ科の低木がおもな植物であり、高地草原の代表種は、イネ科のハネガヤ属のイチユとよばれる植物のほか、キク科、カタバミ科、セリ科の植物など、雲霧林にはキク科キオン属の巨大な木本とパイナップル科やラン科などの着生植物が豊富である。高山帯にはセリ科、ナデシコ科、クマツヅラ科などの小低木、カタバミ科、リンドウ科、キク科などの植物が地面にへばりついている。高山植物では、橙赤(とうせき)色の花をつけるカヨフォラが特徴的である。[大賀宣彦]

動物

高山帯にすむ動物はあまり多くないが、ほとんどが厳しい環境に適応した固有種である。家畜のラマやアルパカに近縁のグアナコとビクーナ、毛皮が珍重されるウサギ類のチンチラとヤマチンチラはいずれも防寒に適した絹のような毛をもつ。また、ネズミ類のチンチラ(2種で1科を形成)や鳥類のアンデスヤマハチドリは洞窟(どうくつ)などに入って寒さをしのぐ。空気の薄い標高5400メートルまでいるビクーナの赤血球数は人間の3倍に達する。また、キツツキの仲間でありながら草むらで採食するアンデスアレチゲラ、湖に巨大な巣をつくるツノオオバン、急流で生活するヤマガモなど、変わった習性のものもいる。捕食者には、ワシ類中最大のコンドル、毛の深いアンデスネコとアンデスオオカミなどがある。森林帯には、ヤマバク(4000メートルまで)のほか、新生代第四紀の更新世(洪積世)には北アメリカで栄えていたメガネグマ(2000メートルまで)、齧歯(げっし)類ではカピバラ、ビーバーに次いで大きいパカラナ(1種で1科を形成)など、学術上貴重な遺存種がみられる。[今泉吉典]

登山史

アンデス登山は先住民インカ、アタカマにより古く試みられたと伝えられるが、詳細は不明である。登山史は1736年フランスの科学者ブージェ、ラ・コンタミュらが、チンボラソ山(エクアドル)を中心とした調査を行ったことに始まる。この山は当時世界最高峰とされ、1802年A・フンボルトが南アメリカ旅行中に試登し、1880年にはアルプスで名をはせたE・ウィンパーが初登頂に成功した。なお、1872年には世界最高の活火山コトパクシが征服された。このほかアルプス黄金時代を経たヨーロッパ登山家により多くの山で初登頂が試みられ、1897年A・フィッツジェラルド隊がアンデスの最高峰アコンカグア山、翌1898年にはW・M・コンウェー隊がイーマニー山に挑戦し、いずれも成功している。1932年にはドイツ・オーストリア隊によりブランカ山群(ペルー)のワスカラン山、ワンドイ山が征服された。
 第二次世界大戦後、世界登山界の目がアンデスに集中し、1952年以後クロード・コーガン夫人らのサルカンタイ山、日本登山隊(田中薫隊長)のアリナレス山、竹田吉文らのアウサンガテ山登頂をはじめ多くの登山パーティーが毎年送られた。これはネパール・ヒマラヤが1965年に一時登山禁止の処置がとられたことも影響している。アンデスは南北に連なる長大な山脈のためまだ未踏峰も多いが、最近ではアコンカグア南壁などバリエーションルートの登攀(とうはん)も行われている。[徳久球雄]
『藤木高嶺著『インディオの秘境――ペルー・アンデス登山と探険』(1962・朋文堂) ▽加藤幸編『アンデスの白い鷹』(1967・あかね書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アンデス山脈の関連キーワードアメリカアングロアメリカカスケード山脈中央アメリカ南アメリカ新大陸パシフィックリム米太平洋軍ワシントン[州]南アメリカ大陸

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アンデス山脈の関連情報