コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コルドバのエピファニー コルドバのエピファニー

1件 の用語解説(コルドバのエピファニーの意味・用語解説を検索)

世界の祭り・イベントガイドの解説

コルドバのエピファニー

アルゼンチン第2の都市コルドバで開催される、エピファニーを祝う祭り。イエス・キリストの生誕から12日後の1月6日に行われ、子供のパレードなど、さまざまなイベントが催される。◇エピファニーは、東方の三博士が輝く星に導かれてベツレヘムを訪れ、イエス・キリストの誕生を祝って贈り物をしたとされる記念日。日本語では「公現祭」、あるいは「主顕現祭」と訳されている。贈り物は黄金、乳香没薬。クリスマスの飾り物は、このエピファニーの日までにはずすことになっている。祭りは、ローマミラノエピファニーとともに有名である。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コルドバのエピファニーの関連キーワードコルドバロサリオフォークランド戦争南米選手権アルゼンチンタンゴミロンガプエルトイグアスドゴ・アルヘンティーノハイド:コルドバの夕べ/piano solo

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone