コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公現祭 こうげんさいEpiphania

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

公現祭
こうげんさい
Epiphania

復活祭,聖霊降臨祭とともにキリスト教最古の三大祝日の一つ。東方よりの博士 (王) の来貢イエス受洗,およびカナでのイエスの最初の奇跡を通して神が世に現れたことを記念する日で,1月6日。初めローマ帝国東方でキリスト降誕も兼ねて祝っていたが,12月 25日のクリスマス (→キリスト降誕祭 ) が西方から入るにつれ,特にイエスの受洗を祝うようになった。公現祭は4世紀末頃,逆に西方教会に取入れられたが,そこではクリスマスに対して,博士の来貢が特に強調され,3王来貢の日として特にゲルマン人の間に普及した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

公現祭【こうげんさい】

降誕したキリストの栄光が公に現れたこと,特に三博士の参拝を記念する祝日。英語でEpiphany。1月6日。クリスマスの12日後に当たり,英国では前夜を〈十二夜〉といって祝う。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

公現祭

キリスト教の祭日。イエスの誕生を祝う東方三博士の礼拝を記念する。「主顕節(しゅけんせつ)」「東方三賢人祭」「三賢人祭」ともいう。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうげんさい【公現祭 Epiphany】

キリスト教の祝日。東方教会では,キリストの受肉をはじめ,その生涯の輝かしいできごとを,旧約時代からの神の栄光の現れであると考えるようになった。そして,太陽を崇拝するミトラス教の最大の祝日である不滅の太陽の誕生日をキリスト教化し,1月6日にキリストの誕生とそれに続く公現などのできごとを祝った。西方では12月25日が太陽の誕生日とされていたので,キリストの誕生日も12月25日に祝うようになったが,東西諸教会の交流によって,4世紀には双方に主の降誕(12月25日)と主の公現(1月6日)が祝われるようになった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こうげんさい【公現祭】

キリスト教の祝日。異邦人である東方の三博士によって幼子イエスが見いだされた(公に現れた)ことを記念し、救いがユダヤ人の外に広がったことを祝う。一般的にはクリスマス(12月25日)から数えて12日目の1月6日があてられるが、1月2日以後の最初の日曜日とする宗派もある。主顕日。顕現日。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の公現祭の言及

【オーストリア】より

…28日は汚れなき子どもの日で,子どもたちはモミの枝木で若い人妻や娘,家畜をたたき回り,繁殖と成長を祝する。正月は6日の三王の日Dreikönigtag(公現祭)が最初の祭日となる。この前夜でラウフネヒテの時期は終わり,新年が始まる。…

【三博士の参拝】より

…ルネサンスには,遠方からの旅を強調した風景表現(デューラー,マンテーニャ)や,多くの従臣を伴った王,見物人としての群衆も加わるなど,構図が複雑化する(レオナルド・ダ・ビンチ)。なお教会暦では〈三博士の参拝〉の日を公現祭(1月6日)として祝うため,雪の積もった冬景色という季節感を画面に導入する画家もいる(ブリューゲル)。また,ゴッツォリやボッティチェリのように,博士や従臣たちにメディチ家の一族や歴史上ならびに同時代の著名人の肖像を描くなど,世俗化の傾向も見られた。…

※「公現祭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

公現祭の関連キーワードコルドバのエピファニーミラノのエピファニーローマのエピファニーアンリ ピシェットガレット・デ・ロワキリスト教会暦ピシェットユダヤ人固定祝日異邦人主顕日降誕節参拝宗派救い

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android