コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コルドバのユダヤ人街 コルドバのユダヤじんがい

1件 の用語解説(コルドバのユダヤ人街の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

コルドバのユダヤじんがい【コルドバのユダヤ人街】

スペイン南西部、セビリア(Sevilla)北東約130kmの位置にある、アンダルシア地方の都市コルドバ(Cordoba)のメスキータコルドバ大聖堂)周辺の、かつてユダヤ人が住んでいた一角。コルドバは756年に成立したイスラム王朝の後ウマイヤ朝の首都となった歴史から、イスラム教キリスト教ユダヤ教の3つの宗教・文化が入り交じる、独特の景観と文化を今に伝えることになった。◇かつてのユダヤ人街には、迷路のような曲がりくねった狭い道とパティオ(中庭)がある白壁の家並み、白壁に飾られた花の鉢植えなど、アンダルシア地方らしい景観が残るエリアとなっている。また、この町の一角には、4世紀のムデハル様式(イスラムと西欧建築の融合様式)のユダヤ教会をはじめ、ユダヤの建造物が残り、メスキータやローマ橋などの建造物とともに、世界遺産に登録されている。

出典|講談社
世界の観光地名がわかる事典について | 情報

コルドバのユダヤ人街の関連キーワードアルカサルセビリア大聖堂マリアルイサ公園

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone