コルネイチューク(英語表記)Aleksandr Evdokimovich Korneichuk

世界大百科事典 第2版の解説

コルネイチューク【Aleksandr Evdokimovich Korneichuk】

1905‐72
ソ連邦劇作家ウクライナに生まれ,14歳から鉄道で働くという経歴の持主。後にキエフ教育大学を卒業している。代表作に《艦隊の滅亡》(1933),《プラトン・クレチェト》(1934),《真実》(1937。十月革命20周年を記念してレーニンの登場する戯曲を書くようにという政府の呼びかけにこたえた作品),《戦線》(1942),《なぜ星はほほ笑んだか》(1957)その他がある。わかりやすい筋書で愛国心,民族意識,民衆の楽天性などを謳歌した作品が多く,一時たいへんな流行作家であった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android