コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コレクティビズム コレクティビズムcollectivism

翻訳|collectivism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コレクティビズム
collectivism

効果的な生産と正しい分配とをはかるため,土地ならびに生産,交換,分配の手段をすべて公有化することを主張する教説をいう。したがって社会主義同義語といってよい。フランスでは伝統的に「集産主義」の意味で使われてきた。しかしイギリスでは,個人主義ないし自由放任主義に反対して社会全体の福祉を重視する考え方コレクティビズムと呼んできた。たとえば8時間労働制の施行,団体交渉権の付与,社会福祉政策などはすべてコレクティビズムの実施と考えられた。したがってこの場合は適切な訳語がない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

コレクティビズム【collectivism】

集産主義しゆうさんしゆぎ

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コレクティビズムの関連情報