放任主義(読み)ホウニンシュギ

  • ほうにんしゅぎ ハウニン‥
  • ほうにんしゅぎ〔ハウニン〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 各自の自由にまかせて干渉しない主義。
※福翁自伝(1899)〈福沢諭吉〉王政維新「余り世話をせずに放任主義(ハウニンシュギ)の方が宜いかと思はれます」
② 倫理学で、善悪の区別につき、さまざまな異なる意見を許す、妥協的・包容的な立場。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

医食同源

病気を治療するのも日常の食事をするのも、ともに生命を養い健康を保つために欠くことができないもので、源は同じだという考え。[補説]古くから中国にある、体によい食材を日常的に食べて健康を保てば、特に薬など...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

放任主義の関連情報