コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コロイド溶液 コロイドヨウエキ

3件 の用語解説(コロイド溶液の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

コロイド‐ようえき【コロイド溶液】

コロイド粒子が液体中に分散したもの。ゾル

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

コロイドようえき【コロイド溶液】

コロイド粒子が分散している液体。光を当てると光の通路だけが濁って見えるチンダル現象が特徴。泥水・牛乳・石鹼せつけん水・墨汁などがその例。ゾル。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コロイド溶液
ころいどようえき
colloidal solution

分散媒が液体であるコロイド分散系をいう。通常はゾルと同義語である。分散質が固体の微粒子の場合には分散コロイドとよび、タンパク質のような巨大分子の溶液は分子コロイドという。これは溶質分子が大きいために、コロイドとしての諸性質を示すので、溶液とコロイド溶液の両方の性格をもっているともいえる。また、せっけんなどの界面活性剤の溶液は、臨界ミセル濃度CMC)以上になると会合してミセルが生じ、コロイド溶液としての性質を示すようになる。これはミセルコロイド会合コロイド)という。[山崎 昶]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コロイド溶液の関連キーワードコアセルベート疎水コロイド分散系懸濁コロイド疎水性ゾル分散相分子コロイド凝結組織磁気光泳動煙霧質

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コロイド溶液の関連情報