コロイド溶液(読み)ころいどようえき(英語表記)colloidal solution

日本大百科全書(ニッポニカ)「コロイド溶液」の解説

コロイド溶液
ころいどようえき
colloidal solution

分散媒が液体であるコロイド分散系をいう。通常はゾルと同義語である。分散質が固体の微粒子の場合には分散コロイドとよび、タンパク質のような巨大分子の溶液は分子コロイドという。これは溶質分子が大きいために、コロイドとしての諸性質を示すので、溶液とコロイド溶液の両方の性格をもっているともいえる。また、せっけんなどの界面活性剤の溶液は、臨界ミセル濃度(CMC)以上になると会合してミセルが生じ、コロイド溶液としての性質を示すようになる。これはミセルコロイド(会合コロイド)という。

[山崎 昶]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

化学辞典 第2版「コロイド溶液」の解説

コロイド溶液
コロイドヨウエキ
colloidal solution

[同義異語]ゾル

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典「コロイド溶液」の解説

コロイド‐ようえき【コロイド溶液】

〘名〙 コロイド粒子が分散している液体。膠質(こうしつ)溶液。ゾル。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android