コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コロッソス kolossos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コロッソス
kolossos

巨像。ヘロドトスの言葉が起源とされる。ギザのスフィンクス (73m) やテーベにある『メムノン』と通称されるアメンホテプ3世の坐像などがその例である。世界七不思議の一つに数えられたロドス港口に立つカレスヘリオスの青銅像 (前 280頃) は,高さ 36mもあった。ほかに,ネロ像 (32m) ,ノートルダム大聖堂の『聖クリストファー像』 (8.5m) ,アルゼンチンとチリの境にある『アンデスのキリスト』 (7.9m) ,ニューヨークの『自由の女神』 (46m) 。ミケランジェロの『ダビデ像』 (4.4m,フィレンツェ・アカデミア美術館) などがあり,メソポタミア,インド,中国,日本にも存在する (→大仏 ) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

コロッソスの関連キーワードアメンホテプロードス島コロセウム七不思議巨像

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android