コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コロラドダニ熱 コロラドだにねつ Colorado tick fever

1件 の用語解説(コロラドダニ熱の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

コロラドだにねつ【コロラドダニ熱 Colorado tick fever】

アルボウイルス群に属するウイルスが,マダニの1種(Dermacentor andersoni)の体内で増殖し,刺咬によりヒトに伝播されて発症する感染症。カナダから北アメリカロッキー山地に分布し,以前はロッキー山紅斑熱の軽症型と混同されていたが,1930年に独立疾患とされた。5~6月に多い。潜伏期は3~6日で,背痛,下肢筋痛,悪寒,頭痛,羞明(しゆうめい)(まぶしさ)などで発病し,腹痛,嘔吐,頻脈,結膜充血を伴う。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コロラドダニ熱の関連キーワード植物ウイルス動物ウイルスヘルペスウイルスライノウイルスロタウイルスウイルス病スローウイルスヒト免疫不全ウイルス伝染性肝炎ウイルスパルボウイルス

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone