コロンナ宮殿(読み)コロンナキュウデン

デジタル大辞泉の解説

コロンナ‐きゅうでん【コロンナ宮殿】

Palazzo Colonna》イタリアの首都ローマにある宮殿。ローマの貴族、コロンナ家の宮殿として、同家出身のローマ教皇マルティヌス5世により15世紀に建造。現在は、17世紀から20世紀にかけてコロンナ家が収集したベネチア派の絵画を所蔵する、コロンナ美術館として公開されている。映画「ローマの休日」の舞台となったことでも知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android