コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コロンビア特別区(読み)コロンビアトクベツク

デジタル大辞泉の解説

コロンビア‐とくべつく【コロンビア特別区】

District of Columbia》米国の、いずれの州にも属さない、連邦政府直轄の特別区。首都ワシントンと同範囲。ワシントンD.C.。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

コロンビアとくべつく【コロンビア特別区】

〔District of Columbia〕 アメリカ合衆国の連邦政府直轄地。首都ワシントンと同域。略称 D.C.

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コロンビア特別区
ころんびあとくべつく
District of Columbia

アメリカ合衆国の首都。正式名称ワシントン・コロンビア特別区で、ワシントンDC(Washington, D. C.)と略される。いずれの州にも属さない、連邦直轄特別区である。面積174平方キロメートル。北部、東部、南部の境界はメリーランド州に接し、西部はポトマック川が境界となり、バージニア州に接する。
 1791年、初代ワシントン大統領は、ポトマック川に臨む1辺10マイル(16キロメートル)の正方形の土地を連邦特別区にすることを決め、フランス人ピエール・ランファンに首都の建設計画を作成させた。ランファンの計画は、碁盤目状街路に、連邦議会議事堂、ホワイトハウスなどを中心とする放射状街路を組み合わせ、さらに各所に広場や公園を設けたものであった。東西に走る道路にはアルファベットが、南北に走る道路には数字が、さらに放射状に走る道路には各州の名がつけられた。1802年、コロンビア特別区にワシントン市が成立したが、両者の範囲は一致したものではなかった。「一八一二年戦争」の際、1814年にイギリス軍に一時占領され、国会議事堂、大統領官邸や官庁の建物などが焼かれた。46年にポトマック川右岸のバージニア部分はバージニア州に返還され、78年にジョージタウンがワシントン市に編入されたことにより、コロンビア特別区とワシントン市の範囲は同じものとなった。[菅野峰明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

諂う/諛う

[動ワ五(ハ四)]人の気に入るように振る舞う。また、お世辞を言う。おもねる。追従(ついしょう)する。「上司に―・う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android