コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンカレントRDRAM

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

コンカレントRDRAM

RDRAMの一種で、同時に複数のメモリーアクセスサイクルを実行できるように改良された製品。DRAMのセルアレイを複数のバンクに分割し、あるバンクへのメモリーアクセスサイクルが行なわれている最中に、別のバンクへのアクセスを実行できるのが特長である。もともとRDRAMは、アクセスを開始してから、実際にメモリーからデータを読み出すまでの時間が長い、つまりレイテンシが長めであるという問題があった。コンカレントRDRAMではこの欠点が改善されている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

コンカレントRDRAMの関連キーワードRambusRDRAMSLDRAMDirect RDRAMPC3200メモリーRIMMi845

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android