コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンカレントRDRAM

1件 の用語解説(コンカレントRDRAMの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

コンカレントRDRAM

RDRAMの一種で、同時に複数のメモリーアクセスサイクルを実行できるように改良された製品。DRAMのセルアレイを複数のバンクに分割し、あるバンクへのメモリーアクセスサイクルが行なわれている最中に、別のバンクへのアクセスを実行できるのが特長である。もともとRDRAMは、アクセスを開始してから、実際にメモリーからデータ読み出すまでの時間が長い、つまりレイテンシが長めであるという問題があった。コンカレントRDRAMではこの欠点が改善されている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コンカレントRDRAMの関連キーワードECCメモリー揮発性メモリーメモリーモジュール多夫バブルメモリーホログラフィックメモリーミニSDメモリーカードメモリー空間メモリーダンプメモリ不足

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone