コンカレントRDRAM

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

コンカレントRDRAM

RDRAMの一種で、同時に複数のメモリーアクセスサイクルを実行できるように改良された製品。DRAMのセルアレイを複数のバンクに分割し、あるバンクへのメモリーアクセスサイクルが行なわれている最中に、別のバンクへのアクセスを実行できるのが特長である。もともとRDRAMは、アクセスを開始してから、実際にメモリーからデータを読み出すまでの時間が長い、つまりレイテンシが長めであるという問題があった。コンカレントRDRAMではこの欠点が改善されている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android