コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンカン平野 コンカンへいやKonkan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンカン平野
コンカンへいや
Konkan

インド南西部,マハーラーシュトラ州アラビア海に面する沿岸平野。ダマンから南へ約 30km続きパナジ周辺に達する。多くの台地に分断された起伏に富む平野で,東側は急崖でウェスタンガーツ山脈とへだてられる。海岸線は単調で砂丘列を有する。激しい夏季の季節風により降水量が多く,南部では年 4000mmをこえる。平野内に多くの小水路があり舟運に利用され,米,サトウキビ,ココナッツ,雑穀を産出。ムンバイ (ボンベイ) を除けば工業生産は乏しく,ムンバイとパナジ周辺以外には鉄道路線も国道もない。沿岸に小規模な港はあるが,近代的港湾はムンバイとパナジ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

コンカン平野の関連キーワードラトナーギリ

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android