コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンガール Congar, Yves

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンガール
Congar, Yves

[生]1904.4.13. セダン
[没]1995.6.22. パリ
フランスのドミニコ会士,神学者。教会論専攻。ピウス 12世の回勅 Humani generisで暗に非難を受け,一時フランスを去ってエルサレムで聖書研究に没頭。 1937年以後,彼の創設した Unam sanctam運動はイエズス会の H.リュバック,J.ダニエルらの興した新神学運動とともにカトリック神学の貴重な新生として注目された。主著『キリスト教徒の一致-カトリック的一致の原理』 Chrétiens désunis : Principes d'un œcuménisme catholique (1937) ,『平信徒の神学のための試論』 Jalons pour une théologie du laïcat (53) ,『一つの伝統と諸伝統』 La tradition et les traditions (I.61,II.63) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

コンガールの関連キーワードウナ・サンクタ運動エキュメニズムスケレベクス牧会神学

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android