コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンシューマー(読み)こんしゅーまー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

コンシューマー

もともとは一般消費者の意味で、低価格で使いやすい家庭向けのパソコンを指す言葉。あらかじめ入門用のアプリケーションがプリインストールされているものが多い。これと対になる言葉は、プロフェッショナル(professional)。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

DBM用語辞典の解説

コンシューマー【consumer】

製品あるいはサービスの最終使用者。一般に消費者と訳している。コンシューマーは必ずしも製品の購入者とは限らない。例えば、ペットフードの場合、ペットは最終使用者なので事実上コンシューマーである。しかしながら、もちろん広告はペットの飼い主に向けて行われる。コンシューマーは完成品の使用者と考えられる。例えば、建築用製品の購入者は、完成品を建造する際にその製品を使用する中間使用者である。そしてその完成品がコンシューマーによって購入される。コンシューマーは、マーケット・リサーチで対象となる母集団。

出典 (株)ジェリコ・コンサルティングDBM用語辞典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コンシューマーの関連情報