コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンスス Consus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンスス
Consus

古代ローマの神。地下に貯蔵された穀物の守護神で,富を神格化した豊穣女神オプスと関係が深く,地下に祭壇をもっていた。祭りの日には,馬やら馬,ろ馬などが労働から解放されて花輪で飾られ,競馬が行われたために,ギリシアの馬神ポセイドン・ヒッピオスと同一視された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コンスス【Consus】

貯蔵された穀物を守るローマの古い神。その祭りに戦車競走が行われたため,馬の神でもあるネプトゥヌスNeptunusと同一視されたほか,コンシリウムconsilium(協議)との類推から,会議の神としてもあがめられた。祭壇は大競技場の地中にあり,それぞれ収穫と秋の播種の終了期にあたる8月21日と12月15日の祭りの日だけ,掘り出された。この日,馬とロバは花輪をかけられ,休息が与えられた,とプルタルコスが伝えている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

コンススの関連キーワードロムルスとレムスロムルス

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android