コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンスス コンスス Consus

2件 の用語解説(コンススの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンスス
コンスス
Consus

古代ローマの神。地下に貯蔵された穀物の守護神で,富を神格化した豊穣女神オプスと関係が深く,地下に祭壇をもっていた。祭りの日には,馬やら馬,ろ馬などが労働から解放されて花輪で飾られ,競馬が行われたために,ギリシアの馬神ポセイドン・ヒッピオスと同一視された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

コンスス【Consus】

貯蔵された穀物を守るローマの古い神。その祭りに戦車競走が行われたため,馬の神でもあるネプトゥヌスNeptunusと同一視されたほか,コンシリウムconsilium(協議)との類推から,会議の神としてもあがめられた。祭壇は大競技場の地中にあり,それぞれ収穫と秋の播種の終了期にあたる8月21日と12月15日の祭りの日だけ,掘り出された。この日,馬とロバは花輪をかけられ,休息が与えられた,とプルタルコスが伝えている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コンススの関連キーワードネプトゥヌス乏月跡を守るローマの泉ローマの松ローマの祭ローマの噴水ローマの祭り一次性害虫

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone