コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンスタンチウス2世 コンスタンチウスにせいConstantius II; Flavius Julius Constantius

1件 の用語解説(コンスタンチウス2世の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンスタンチウス2世
コンスタンチウスにせい
Constantius II; Flavius Julius Constantius

[生]317.8.7. シルミウム
[没]361.11.3. キリキア
ローマ皇帝 (在位 337~361) 。コンスタンチヌス1世 (大帝) の第3子。大帝の死後,内紛で一族の者を数多く殺害し,残った3兄弟で共治。東方 (トラキアマケドニアギリシア小アジアエジプト) を支配。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

コンスタンチウス2世の関連キーワード晋(中国の王朝)7・13水害の仮設住宅単位制高校JR東日本の不正取水問題鳴門市営バス司馬睿鈴木啓示抱朴子マウリヤ朝

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone