コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリスプス Crispus Caesar, Flavius Julius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クリスプス
Crispus Caesar, Flavius Julius

[生]?
[没]326. ポラ
ローマ皇帝コンスタンチヌス1世 (大帝) の長子。 317年副帝となり,ガリアを名目上支配した。 V.リキニウスと戦いヘレスポントス海戦に勝つ。父とともにローマで大帝の即位 20年祭を祝ったが,大帝の命令で殺された。原因は継母ファウスタを誘惑しようとしたからだといわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クリスプス【Flavius Julius Crispus Caesar】

?‐326
ローマ皇帝。在位,副帝317‐326年。コンスタンティヌス1世の長子。その第1の妻ミネルウィナの唯一の子。少年時はガリアラクタンティウスの教育をうけた。317年に副帝となり,父に対立した東方のリキニウスの軍とヘレスポントスで戦い,海戦に勝利した。しかし性格が粗暴だったといわれ,そのゆえにか父と不和になり,父帝登位20年祭の前に処刑された。【松本 宣郎】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android