コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリスプス クリスプスCrispus Caesar, Flavius Julius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クリスプス
Crispus Caesar, Flavius Julius

[生]?
[没]326. ポラ
ローマ皇帝コンスタンチヌス1世 (大帝) の長子。 317年副帝となり,ガリアを名目上支配した。 V.リキニウスと戦いヘレスポントス海戦に勝つ。父とともにローマで大帝の即位 20年祭を祝ったが,大帝の命令で殺された。原因は継母ファウスタを誘惑しようとしたからだといわれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クリスプス【Flavius Julius Crispus Caesar】

?‐326
ローマ皇帝。在位,副帝317‐326年。コンスタンティヌス1世の長子。その第1の妻ミネルウィナの唯一の子。少年時はガリアでラクタンティウスの教育をうけた。317年に副帝となり,父に対立した東方のリキニウスの軍とヘレスポントスで戦い,海戦に勝利した。しかし性格が粗暴だったといわれ,そのゆえにか父と不和になり,父帝登位20年祭の前に処刑された。【松本 宣郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クリスプスの関連キーワード326取締役クリスプスアルセロールキティホーク名古屋証券取引所新城市の路線バス冠辞考塩素酸カリウムコスタ・デル・ソル

クリスプスの関連情報