コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンスタンチヌス11世 コンスタンチヌスじゅういっせいConstantinus XI Dragases Palaeologus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンスタンチヌス11世
コンスタンチヌスじゅういっせい
Constantinus XI Dragases Palaeologus

[生]1404
[没]1453.5.29.
ビザンチン帝国最後の皇帝 (在位 1449~53) 。マヌエル2世の子で,1441~49年ペロポネソスのモレアにおかれた独立公国の君主であったが,兄ヨハネス8世が後継者未定のまま死亡したあと,即位。母ヘレナがセルビアのドラガゼス家の出身であるところから,この名 Dragasesを受けた。小アジア,バルカン半島ともオスマン帝国の勢力下にあり,ビザンチン帝国領は首都コンスタンチノープルの周辺のみであった。東西両教会統一と交換にローマ教皇に援軍を要請するが,53年オスマン帝国のメフメット2世の大攻撃が始り,首都の白兵戦のなかで倒れた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

コンスタンチヌス11世の関連キーワードパレオロゴス朝

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android