コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンスタンチヌス11世 コンスタンチヌスじゅういっせいConstantinus XI Dragases Palaeologus

1件 の用語解説(コンスタンチヌス11世の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンスタンチヌス11世
コンスタンチヌスじゅういっせい
Constantinus XI Dragases Palaeologus

[生]1404
[没]1453.5.29.
ビザンチン帝国最後の皇帝 (在位 1449~53) 。マヌエル2世の子で,1441~49年ペロポネソスモレアにおかれた独立公国の君主であったが,兄ヨハネス8世が後継者未定のまま死亡したあと,即位。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

コンスタンチヌス11世の関連キーワード周忱パレオロゴス朝四国横断自動車道雄国沼山名持豊青髯伝説勘合符勘合貿易日明貿易足利義昭

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone