コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンスタンチヌス3世 コンスタンチヌスさんせいConstantinus III

1件 の用語解説(コンスタンチヌス3世の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンスタンチヌス3世
コンスタンチヌスさんせい
Constantinus III

[生]613
[没]641.5.25.
ビザンチン皇帝 (在位 641) 。ヘラクリウス1世とその最初の妻エウドキアの間に生れ,父帝の死後,父帝の後妻アルチナの推す異母弟ヘラクレオナスとともに即位。両者の抗争が長期化していくなかで,自身の支持者を増やしたが,健康に恵まれず (結核か) ,3ヵ月の在位後病死。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

コンスタンチヌス3世の関連キーワード舒明天皇ヘラクレイオス舒明天皇舒明天皇松戸市立病院焼酎の輸出量善導エルタアレ三経義疏すずらん

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone