コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンスタンチヌス3世 コンスタンチヌスさんせいConstantinus III

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンスタンチヌス3世
コンスタンチヌスさんせい
Constantinus III

[生]613
[没]641.5.25.
ビザンチン皇帝 (在位 641) 。ヘラクリウス1世とその最初の妻エウドキアの間に生れ,父帝の死後,父帝の後妻アルチナの推す異母弟ヘラクレオナスとともに即位。両者の抗争が長期化していくなかで,自身の支持者を増やしたが,健康に恵まれず (結核か) ,3ヵ月の在位後病死。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

コンスタンチヌス3世の関連キーワードパウリキアヌス派コンスタンス2世ヘラクリウス朝

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android