コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

横大路 よこおおじ

2件 の用語解説(横大路の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

よこおおじ【横大路】

大和盆地を東西に走る古道。桜井市仁王堂の寺川に架かる小西橋から,北葛城郡当麻町の長尾神社付近に至るまで(約12.7km),ほぼ真東西に走る直線古道である。そのため,横大路は,大和盆地を南北に縦走する下ッ道と同様,条里施行に際しての基準線となっており,その路幅が条里に含まれない(横大路に南接する1町は,大和平野の1町の平均値109mより,かなり広くなっている)。下ッ道から東の路東条里を例にとると,横大路は24条の2,11,14,23,26,35の坪並みと,3,10,15,22,27,34の坪並みの間を走っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

横大路
よこおおじ

東西に直線に走る基幹道を広く横大路という。なかでも有名なのは、大和盆地南部の横大路で、東端の桜井市外山(とび)から橿原市(かしはらし)八木町を経て、西端の葛城市(かつらぎし)長尾まで、全長13キロメートルの古代にさかのぼる道である。西では二上山(にじょうさん)を越えて河内(かわち)に入り難波(なにわ)への官道に通じ、東は初瀬道から伊賀に向かう。『日本書紀』推古天皇21年(613)条に「難波より京に至る大道(おおみち)を置く」とある大道の一部がこの横大路で、また壬申の乱(じんしんのらん)の舞台にもなった。このほか横大路の痕跡や地名を残すものに、大和盆地北部の斑鳩(いかるが)から添下(そうのしも)・平群(へぐり)両郡の境界を通って闘鶏(つげ)に至る東西道があり、大津京や長岡京でも東西の幹線道を横大路と称した。[狩野 久]
『岸俊男著「古道の歴史」(坪井清足・岸俊男編『古代の日本 5』所収・1970・角川書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の横大路の言及

【道】より

…今日においては主要都市からしか進入できない自動車専用道路の出現をみるに至っている。【古島 敏雄】
【古代の道の特徴】
 自然の道の例として,大和のプレ横大路(よこおおじ),山辺の道,葛城(かつらぎ)古道があげられる。プレ横大路は,後でとり上げる横大路のやや北を走っていた道で,三輪山のふもとと二上山のふもとを結ぶ道である。…

※「横大路」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

横大路の関連情報