コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンスタンチヌス9世 コンスタンチヌスきゅうせいConstantinus IX Monomachus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンスタンチヌス9世
コンスタンチヌスきゅうせい
Constantinus IX Monomachus

[生]1000頃
[没]1055.1.11.
ビザンチン皇帝 (在位 1042~55) 。元老院議員の出身で,コンスタンチヌス8世の娘ゾエの3度目の夫となり即位。国内的にはプセロスの文化活動 (大学創立など) により大いにふるったが,バルカン半島ではペチェネグ人,ウツェン族,クマノイ族の南下に苦しめられ,1054年7月 16日にはローマ教会に破門を宣告され,東西両教会の大分裂を招いた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

コンスタンチヌス9世の関連キーワードウラジーミル2世(モノマフ)ミカエル・ケルラリオスコンスタンチヌス8世ネアモニ修道院聖堂コンスタンチヌスプロノイア制度

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android