コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンスタンチヌス9世 コンスタンチヌスきゅうせいConstantinus IX Monomachus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンスタンチヌス9世
コンスタンチヌスきゅうせい
Constantinus IX Monomachus

[生]1000
[没]1055.1.11.
ビザンチン皇帝 (在位 1042~55) 。元老院議員の出身で,コンスタンチヌス8世の娘ゾエの3度目の夫となり即位。国内的にはプセロスの文化活動 (大学創立など) により大いにふるったが,バルカン半島ではペチェネグ人,ウツェン族,クマノイ族の南下に苦しめられ,1054年7月 16日にはローマ教会に破門を宣告され,東西両教会の大分裂を招いた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

コンスタンチヌス9世の関連キーワードジェレミー ウォザースプーン重複保険濃度(化学)X線天体三千世界戸田忠昌グライダー競技再生産過程総額表示方式ビクトル2世