コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゾエ ゾエ Zōē Porphyrogenētē

2件 の用語解説(ゾエの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゾエ
ゾエ
Zōē Porphyrogenētē

[生]978
[没]1050
ビザンチン皇帝 (在位 1042) 。ロマヌス3世の皇妃。コンスタンチヌス8世の娘。父帝に息子がいなかったため,50歳代になってロマヌス3世と結婚,父の死後帝位にあった夫を宦官ヨハネスと謀殺し,その弟のミカエル4世と結婚。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ゾエ【Zōē】

978‐1050
ビザンティン帝国の女帝。在位1042年。父コンスタンティノス8世の死後2度結婚(1028年ロマノス3世,1034年ミハエル4世),後にミハエル4世の甥ミハエル5世の反逆を市民の支持で打ち破り,妹テオドラ共同統治した(1042)。同年コンスタンティノス9世と3度目の結婚をし,夫が即位した後は以前の奔放な生活に終止符を打った。道徳的退廃と文化の爛熟,宮廷革命と後継者争い,国費の乱費と国政の弛緩に象徴されるマケドニア朝(867‐1056)時代の代表的人物である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ゾエの関連キーワードビザンチン帝国ビザンチウムビザンチン式ビザンチン文化ビザンティウムビザンティン帝国テオドロス[1世]ビザンティン音楽ミハエル[8世]ヨハネス[8世]

ゾエの関連情報