コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プセロス プセロスPsellos, Michael Konstantinos

3件 の用語解説(プセロスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プセロス
プセロス
Psellos, Michael Konstantinos

[生]1018. コンスタンチノープル
[没]1079?
ビザンチンの人文主義者,政治家。哲学,神学,文学,修辞学にすぐれ,コンスタンチノープル大学の哲学部門の指導者 (1045~51) をつとめ,プラトン哲学とキリスト教の融合を目指し,またギリシア古典,特にホメロスの復活に努力,ビザンチン文化の発展に大きく寄与した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

プセロス【Michaēl Psellos】

1018‐78ころ
ビザンティン時代の代表的な博識家の文人。弁護士裁判官を経て,皇帝官房書記となり,一時的失脚と修道院入りをはさんで,11世紀の数代の皇帝の有力側近をつとめる。古代文芸の復興で重要な役割を果たし,その範囲は神学,哲学(プラトン・アリストテレス論)から自然科学,医学,文献学,法学にわたる。感情移入による生気あふれた976年から1078年までの同時代史叙述《歴史Chronographia》は,さまざまな機会の演説集,広い交際範囲を網羅した書簡集とともに,この時代のビザンティン社会を知るうえでの貴重な史料である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プセロス
ぷせろす
Michael Psellos
(1018―1096/1097)

ビザンティン帝国の哲学者、歴史家。コンスタンティノープル生まれ。官僚として頭角を現し、皇帝がめまぐるしく交替した11世紀後半の宮廷にあって権勢を振るった。首都の帝国大学を復興させ、自ら哲学の教授を務めた。プセロスは文法学から医学まで広い範囲に関心を示した有数の知識人であったが、哲学者としては、プラトン哲学の伝統を継ぎ、その理解をいっそう深めた。歴史家ないし文人としては、陰謀渦巻くビザンティン宮廷の人間模様を冷静に描いた歴史書『年代誌』で知られる。そのほか、書簡、弁論集など多数の著作を残したが、ギリシア古典を踏まえた独創的手法は後代に大きな影響を与えた。[森安達也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

プセロスの関連キーワード青森空襲烏江エクサクヌートエクサバイトクヌット[2世]後一条天皇康尚上東門院仁海

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone