コンセンサス方式(読み)コンセンサスほうしき(英語表記)consensus system

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンセンサス方式
コンセンサスほうしき
consensus system

投票によらず全体的合意で決議案を採択する方法。 1960年代後半ごろから国連安保理や総会において多くの決議がこの方式で行なわれている。決議案の趣旨については,大方の賛意が得られているにもかかわらず細部における不一致のため対立が投票結果に反映されるのを避ける目的を持つ。事前の非公式協議によって意見の調整が行なわれ,当事者の同意を取り付けた上で,議長がコンセンサス方式による採択を提案し,反対の意思表示がないことを確認して決議が成立する。 74年の国連資源特別総会でもこの方式が採用された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

コンセンサス‐ほうしき〔‐ハウシキ〕【コンセンサス方式】

会議の決定に際し、票決によらず、反対意思の表明がないことをもって決定成立とする方式。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android