コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンセンサス方式 コンセンサスほうしきconsensus system

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンセンサス方式
コンセンサスほうしき
consensus system

投票によらず全体的合意で決議案を採択する方法。 1960年代後半ごろから国連安保理や総会において多くの決議がこの方式で行なわれている。決議案の趣旨については,大方の賛意が得られているにもかかわらず細部における不一致のため対立が投票結果に反映されるのを避ける目的を持つ。事前の非公式協議によって意見の調整が行なわれ,当事者の同意を取り付けた上で,議長がコンセンサス方式による採択を提案し,反対の意思表示がないことを確認して決議が成立する。 74年の国連資源特別総会でもこの方式が採用された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

コンセンサス‐ほうしき〔‐ハウシキ〕【コンセンサス方式】

会議の決定に際し、票決によらず、反対意思の表明がないことをもって決定成立とする方式。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

コンセンサス方式の関連キーワードアジア太平洋経済社会委員会WTOの紛争解決手続き移住労働者の権利条約友好関係宣言ASEAN

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コンセンサス方式の関連情報