コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国連資源特別総会 こくれんしげんとくべつそうかいUnited Nations Six Special Sessions on the Problems of Raw Materials and Development

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国連資源特別総会
こくれんしげんとくべつそうかい
United Nations Six Special Sessions on the Problems of Raw Materials and Development

1974年4月9日~5月2日,資源問題を討議するため開催された国際連合の特別総会。同 1974年1月に非同盟諸国会議アラブ石油輸出国機構 OAPECの議長国であるアルジェリアが提案し,国際連合加盟国の過半数の賛成を得て開催が決定した。国連特別総会としては第6回であるが,経済問題をテーマとする特別総会はこれが最初である。資源国有化(→資源ナショナリズム)と一方的な補償措置,生産国カルテルの国際的合法化,発展途上国先進国の間の輸出品の価格リンク制の確立などを主張する発展途上国と先進国との対立がきわだったが,「新国際経済秩序樹立に関する宣言」と行動計画が決議され,資源をもたない発展途上国への緊急救済策も決議された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国連資源特別総会
こくれんしげんとくべつそうかい

非同盟諸国会議議長国のアルジェリアの提案で、資源問題を議論するために1974年に開かれた国連第6回特別総会のこと。この会議で開発途上国は、外国人資産を国内法により国有化する権利や一次産品輸出国機構を設立する権利の承認および、開発途上国の輸出品価格と輸入品価格を連動させる価格インデグゼーションの確立などを、先進国に対して要求した。総会はコンセンサスにより、開発途上国の要求をほぼ入れた「新国際経済秩序樹立に関する宣言」とその行動計画を採択した。国連ではその後、1975年に開発と国際経済協力(第7回)特別総会、1980年に新国際経済秩序(第11回)特別総会、1990年に国際経済協力(第18回)特別総会が開かれてきたが、90年代に入り発展の問題を経済問題に限らず総合的にとらえるべきだとする考えが有力になると、95年には社会開発サミットが開かれ、2000年にはそのフォローアップのための社会開発(第24回)特別総会が開かれた。[佐分晴夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

国連資源特別総会の関連キーワード国家の経済権利義務憲章エチェベリア憲章国連経済特別総会コンセンサス方式冷戦史(年表)三つの世界論第三世界

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android