コンタツ

精選版 日本国語大辞典「コンタツ」の解説

コンタツ

〘名〙 (contas) キリシタン用語。キリシタンが用いる数珠(じゅず)ロザリオ
※南蛮寺興廃記(1638頃)「コンタツといふ珠数、紫金にてこれを造る。四十二粒あり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のコンタツの言及

【ロザリオ】より

…(2)ロザリオの祈りに用いる数珠(じゆず)状の信心用具。キリシタン時代には〈コンタツ〉とも呼ばれた。原語はポルトガル語contasで〈量る〉〈数える〉の意。…

※「コンタツ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android