コンテナ専用埠頭(読み)コンテナせんようふとう(英語表記)container terminal

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンテナ専用埠頭
コンテナせんようふとう
container terminal

コンテナ船の接岸のために,特別に造られた埠頭。普通の埠頭との違いは,埠頭やその周辺に貨物を収容する倉庫群がない代りに,コンテナを積上げる広場があること。また,コンテナの積卸しや運搬などは,すべてストラドルキャリア,大型クレーンなどによって高度に機械化されており,それだけに普通の埠頭を建設するときより,費用もかさむ。日本では,1967年に外貿埠頭公団が設立され,京浜,阪神両地区を中心に,コンテナ専用埠頭が建設された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android