コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンテナ船 コンテナせんcontainer ship

翻訳|container ship

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンテナ船
コンテナせん
container ship

一定の大きさ (国際規格は縦,横とも 2.44m,長さが 6.1mまたは 12.2m) のコンテナを専門に高速で輸送する特殊貨物船。貨物のコンテナ化と高度に機械化された荷役作業とトラックなどの陸上輸送機関が結合した一貫輸送によって,輸送時間が大幅に短縮される。このため海運界でのコンテナ化はめざましく,太平洋航路で 1967年春にアメリカのシーランド社がコンテナ船を投入したのを手始めに,日本船もアメリカ西海岸,オーストラリア航路などにコンテナ船の定期航路を開いている。さらに 71年暮れからはヨーロッパ航路,72年にはニューヨーク航路もコンテナ化され,世界の主要航路は,すべてコンテナ船時代に入ろうとしたが,その後の国際的な海運不況によって,コンテナ船の高速化も一つの飽和点に達した。 91年のフルコンテナ船は世界全体で 1249隻,2598万総tで,全船種に占める比率は各々1.6%,6.0%となっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

コンテナ‐せん【コンテナ船】

貨物をコンテナに収容し、これを積載して運ぶ貨物船

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

コンテナせん【コンテナ船】

コンテナ輸送専用の貨物船。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コンテナ船
こんてなせん

雑貨などの貨物を個々に荷造りせず、コンテナに入れて運ぶ船。従来の一般貨物船では、荷役に要する時間が一航海中で相当の割合を占めていた。この荷役時間を短縮して輸送効率をあげようという発想からコンテナ船が生まれた。
 船のコンテナの国際規格は8×8×20フィート(2.4×2.4×6メートル)となっている。貨物倉にはコンテナの幅にあわせた船首尾方向の仕切りがあり、上下方向にはガイドレールがあって、コンテナをエレベーターのようにつり降ろして格納できるようになっている。大型船では上甲板下に6段から8段ぐらい積み木を重ねるように積載し、上甲板から上にも2、3段積めるような構造になっている。岸壁近くのコンテナ・ヤード(集積地)にあらかじめコンテナを船の運航にあわせて待機させ、特別の荷役用クレーンで迅速に搬入する。荷揚げ地にも同じ設備があるので、荷役に必要な時間と経費が大幅に節減できるようになった。このため航海速力をあげれば輸送時間の短縮にそのままつながるので、コンテナ船の速力は23~27ノットと在来型の定期船に比べると著しく速く、船型も大型化している。
 クレーンで上下方向から荷役するものをリフトオン・オフlift on型といい、現在この方式のコンテナ船が普通である。ほかにロールオン・オフroll on型といわれるものもあり、これは貨物倉内を何層かの甲板で広々とした格納庫のように仕切って、フォークリフトまたは台車に乗せたコンテナを船尾あるいは船側から搬入、搬出するものである。[森田知治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

コンテナ船の関連キーワードリフトオン・リフトオフ船セント・ローレンス水路三菱重工業神戸造船所ガントリークレーンポート・エリザベス今治造船グループコンテナ専用埠頭おーすとらりあ丸御前崎(市)福岡県福岡市埠頭クレーンはしけ運送業タービン船船舶乗組員ラッシュ船港湾運送業P&O汽船船舶トン数あめりか丸RORO船

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コンテナ船の関連情報