コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンフィ コンフィ〈フランス〉confit

3件 の用語解説(コンフィの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

コンフィ(〈フランス〉confit)

豚・鴨(かも)・七面鳥などの肉をその脂肪で煮たもの。保存食品。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

コンフィ【confit(フランス)】

フランス料理の一つ。鴨肉・がちょう肉・鶏肉・豚肉・砂肝などに塩をすり込み、油脂の中で、低い温度で煮たもの。油脂は同じ動物の脂肪を用いることが多い。また、鳥類では骨つきのもも肉がよく用いられる。元来は加熱後そのまま脂肪で完全におおって保存食にした。

出典|講談社
和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

コンフィ【confit】

砂糖・蒸留酒・酢などに漬けた果物や野菜。
ガチョウ・カモ・ブタなどの肉を脂肪に漬けたもの。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コンフィの関連情報