七面鳥(読み)シチメンチョウ

デジタル大辞泉の解説

しちめん‐ちょう〔‐テウ〕【七面鳥】

キジ目シチメンチョウ科の鳥。北アメリカに分布。全長約1.1メートル。羽は光沢のある青黒色。頭からくびにかけての皮膚の裸出部が青・紫・赤色などに変化する。家禽(かきん)としたものをクリスマス料理などに用いる。ターキー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しちめんちょう【七面鳥】

キジ目キジ科の鳥。北米の原産。頭から首にかけて皮膚が裸出し、頭部ではいぼ状、あごの下では肉塊状をなし、色が赤・青・紫などに変わるのでこの名がある。羽色は青銅色。肉質がよく、クリスマスや感謝祭の料理用に飼育。吐綬鶏とじゆけい。ターキー。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

七面鳥 (シチメンチョウ)

学名:Meleagris gallopavo
動物。キジ科の鳥

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しちめん‐ちょう ‥テウ【七面鳥】

〘名〙
① キジ科シチメンチョウ亜科の鳥。全長約一・二メートル、重さ一〇~一五キログラムになる。頭部に肉いぼ、あごの下に肉だれがある。興奮したりすると、頭部からくびにかけて裸出した皮膚が青・赤などに変化することからこの名がある。雄は求愛するとき尾羽を扇状に広げ、雌に誇示する。原種は北アメリカの草原に野生。食用として世界各地で飼育。羽色は品種によって異なるが青銅色や白色のものが多く飼われる。欧米ではニワトリにつぐ重要な家禽(かきん)で、クリスマス・感謝祭の料理に用いられる。ターキー。カラクン鳥。海(うみきじ)
※経済小学家政要旨(1876)〈永峰秀樹訳〉一〇「火雞 原名『トルキー』邦名『カラクンテフ』又七面鳥」
② 心の変わりやすい人のたとえ。〔現代語大辞典(1932)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

七面鳥の関連情報