七面鳥(読み)シチメンチョウ

デジタル大辞泉の解説

しちめん‐ちょう〔‐テウ〕【七面鳥】

キジ目シチメンチョウ科の鳥。北アメリカに分布。全長約1.1メートル。羽は光沢のある青黒色。頭からくびにかけての皮膚の裸出部が青・紫・赤色などに変化する。家禽(かきん)としたものをクリスマス料理などに用いる。ターキー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しちめんちょう【七面鳥】

キジ目キジ科の鳥。北米の原産。頭から首にかけて皮膚が裸出し、頭部ではいぼ状、あごの下では肉塊状をなし、色が赤・青・紫などに変わるのでこの名がある。羽色は青銅色。肉質がよく、クリスマスや感謝祭の料理用に飼育。吐綬鶏とじゆけい。ターキー。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

七面鳥 (シチメンチョウ)

学名:Meleagris gallopavo
動物。キジ科の鳥

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

七面鳥の関連情報