コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンリング コンリング Conring, Hermann

2件 の用語解説(コンリングの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンリング
コンリング
Conring, Hermann

[生]1606.11.9. ノルデン
[没]1681.12.12. ヘルムシュテット
ドイツの学者。その著『ゲルマン法の起源について』 De origine juris germanici (1643) は,当時ローマ法のみに限られていた法学研究を,ゲルマン・ドイツ法の分野に開いたもので,ドイツ法学史の開祖と称される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

コンリング【Hermann Conring】

1606‐81
ドイツの学者。哲学,法政治学,経済学から医学まで幅広い業績を残した偉大な博学者といえる。東フリースラントのノルデンにルター派牧師の子として生まれ,ヘルムシュテット,ライデン両大学に学び,1632年以降ヘルムシュテット大学教授として自然哲学,ついで医学を講じ,のちには政治学をも担当。その間,内外の王侯の侍医や顧問官をつとめた。業績は膨大で多方面にわたる。《ゲルマン法の起源について》(1643)により,ローマ法の継受に関するいわゆる〈ロタール伝説〉を打破し,ゲルマン法(ドイツ固有法)にローマ法と同等の地位を付与することによって,ドイツ法史の研究に端緒を開いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コンリングの関連キーワードオイケン杉本栄一デューリングドイッセン西ドイツヒルファーディングブレンターノロッシャー法政統一ドイツ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コンリングの関連情報