コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンロンカ(崑崙花) コンロンカ Mussaenda parviflora Miq.

1件 の用語解説(コンロンカ(崑崙花)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

コンロンカ【コンロンカ(崑崙花) Mussaenda parviflora Miq.】

沖縄や台湾に自生するアカネ科の高さ1~2mの常緑低木。葉は対生する。花は小さく黄色の筒状で,五つに裂ける。白色の萼苞が発達し,花弁状に見えて美しい。コンロンカMussaendaはアジア,熱帯アフリカ,太平洋諸島に約60種が分布する。熱帯地方では,花弁のように見える萼苞が美しいため庭木によく用いられる。ヒゴロモコンロンカM.erythrophylla Schum.et Thonn.(イラスト)は熱帯アフリカ原産の低木で,観賞用に広く利用される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コンロンカ(崑崙花)の関連キーワード茜菫阿檀蟻通磯馴葎四葉葎梔子車葉草聖瑞花高嶺爪草

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone