コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンロンカ(崑崙花)(読み)コンロンカ(英語表記)Mussaenda parviflora Miq.

世界大百科事典 第2版の解説

コンロンカ【コンロンカ(崑崙花) Mussaenda parviflora Miq.】

沖縄や台湾に自生するアカネ科の高さ1~2mの常緑低木。葉は対生する。花は小さく黄色の筒状で,五つに裂ける。白色の萼苞が発達し,花弁状に見えて美しい。コンロンカ属Mussaendaはアジア,熱帯アフリカ,太平洋諸島に約60種が分布する。熱帯地方では,花弁のように見える萼苞が美しいため庭木によく用いられる。ヒゴロモコンロンカM.erythrophylla Schum.et Thonn.(イラスト)は熱帯アフリカ原産の低木で,観賞用に広く利用される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android