コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コージェネレーション コージェネレーションcogeneration

翻訳|cogeneration

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コージェネレーション
cogeneration

熱電併給システムともいう。電力と有用な熱を同時に生産するシステム。ディーゼルエンジンやガスエンジン,ガスタービン燃料電池により発電し,その排熱を取出して給湯や暖房に利用する。ビルの地下などに設置されることが多く,需要地に近いので送電ロスも減り,エネルギー利用効率は一層高まる。従来のエネルギー利用率が 30~40%に対し,コージェネレーションでは 70~80%見込める。一般電力系統との連係ガイドライン制定 (1986年8月) ,一建物内での電力特定供給認可 (87年 11月) など法制度面が整備されたこともあり,急速に普及している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

コージェネレーション

天然ガスを利用したガスエンジンで発電する一方、その際に生じる熱を給湯や暖房に利用するなど、1種類のエネルギーから複数種類のエネルギーを取り出すシステム。環境に優しく、エネルギーの有効活用でコスト軽減が図れる。天然ガスのコージェネレーションは、経済産業省の「新エネルギー事業者支援対策事業」の対象。補助対象となると、経費の3分の1、年間5億円以内で事業者に補助金が支給される。

(2007-07-31 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

コージェネレーションの関連キーワードコジェネレーションシステム熱電併給システムEnefarmエネファーム新潟鐵工所エコウィル天然ガス

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コージェネレーションの関連情報