コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コーネフ コーネフ Konev, Ivan Stepanovich

2件 の用語解説(コーネフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コーネフ
コーネフ
Konev, Ivan Stepanovich

[生]1897.12.28. ロジェイノ
[没]1973.5.21. モスクワ
ソ連の軍人。兵士としてロシア革命に直面し,1918年にボルシェビキに参加,軍政治委員,各級指揮者を経て,35年フルンゼ陸軍大学高級将校コースを卒業。第2次世界大戦にはウクライナ方面軍司令官,44年元帥となり,45年ベルリン攻撃を指揮。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コーネフ
こーねふ
Иван Степанович Конев Ivan Stepanovich Konev
(1897―1973)

ソ連の軍人。ロシア連邦キーロフ州生まれ。1918年共産党に入党。内戦期は軍事コミッサールとしてシベリア・極東で活動。1934年陸軍大学卒業。師団長、軍団長などを歴任したのち、1940年中将でザバイカル軍管区司令官。第二次世界大戦開始後は西部方面軍司令官をはじめ対独戦の各方面軍司令官を務め、クルスク会戦などを指揮、ドイツポーランド、チェコスロバキアの解放作戦に参加した。1946~1950年地上軍総司令官兼陸相代理、一時、退いたのち、1955~1960年ワルシャワ条約機構統一軍司令官、1956~1960年は国防大臣第一代理を兼任した。1944年以降元帥。[藤本和貴夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コーネフの関連キーワードプロジェクト管理JFロジェプロジェクションオープンイノベーションサイノロジーNプロジェクトJJジェイルバードブルー・ジェイ・ウェイ

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コーネフの関連情報