コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コープの法則 Cope's law

法則の辞典の解説

コープの法則【Cope's law】

分化度の低い生物のは多種の生体を発生するが,よく分化した属は変種を発生することはまれである(非特殊型の法則).いくつかある「コープの法則」の中で,通常はこれを指している.

出典|朝倉書店法則の辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コープのほうそく【コープの法則 Cope’s rule】

生物は系統発生の過程で,からだの大きさが小型から大型へ一定の限界まで増大する傾向があることを述べたもの。もともとは脊椎動物の場合に認められた現象であるが,無脊椎動物や植物についても同様なことが認められるようになった。19世紀末のアメリカの古生物学者E.D.コープの説(1880)とされているが,J.B.ラマルクも《動物哲学》においてこのことを進化の第1法則として述べており,またコープと同時代のフランスの古生物学者デペレC.Dépéretも同様の考えをもっていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のコープの法則の言及

【定向進化】より

…むしろ定向淘汰は生物自身が能動的に新しい生活空間を開発し,新しい生態的地位を獲得する過程で,変化する環境に対して起こるものと考えられる。体サイズの定向的な大型化はコープの法則と呼ばれ,例外はあるが,哺乳類・爬虫類だけでなく多くの無脊椎動物の進化系列に普遍的に知られる現象である。大型化は体内の条件を外界から独立して保持し,捕食者から身を守り,食物の範囲を広げるなど個体にとって有利な変化となりうるが,他方では体構造の特殊化,個体数の減少を招き,変動する環境に対しては絶滅しやすい生物を生み出す。…

※「コープの法則」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コープの法則の関連キーワード連続の法則(生物学)コープの諸法則相同の法則

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android