コールドビーフ

精選版 日本国語大辞典の解説

コールド‐ビーフ

〘名〙 (cold beef) 牛肉を蒸焼きにした後、冷やして薄切りにした料理。コールドミート。
※露芝(1921)〈久保田万太郎〉四「野菜サラダを一つに冷(コール)ビーフを一つ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のコールドビーフの言及

【牛肉】より

…ヒレ(テンダーロイン),リブロース,サーロインはステーキやローストにするが,ステーキについては〈ビーフステーキ〉の項を参照されたい。ローストビーフは少なくとも1kg以上の牛肉の塊を用意し,天火でミディアム(内部に生の部分が残る程度)に焼いたものに,流れ出た肉汁の味をととのえたグレービとホースラディシュを添えて供するもので,これの冷製がコールドビーフである。ビーフシチューは角切りにしたバラ肉をいため,野菜と香辛料を加えてトマトペーストとブイヨンで煮込むもので,煮汁に小麦粉を加えることもある。…

※「コールドビーフ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android