コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コーロス Couros, Matheus de

1件 の用語解説(コーロスの意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

コーロス Couros, Matheus de

1569-1632 ポルトガルの宣教師。
イエズス会士。天正(てんしょう)18年(1590)帰国する天正遣欧使節とともに来日。慶長元年司祭として再来日。19年禁教令で追放されたが,翌年潜入。元和(げんな)3年日本管区長となり,全国の信徒代表から証言をあつめる。のち「コーロス徴収文書」とよばれ,当時の布教や迫害を知る直接史料として知られる。寛永9年5月27日肥前大村(長崎県)で病死。63歳。リスボン出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

コーロスの関連キーワード宣教師ペレイラポルトガル語南蛮宗伴天連マシャド吉利支丹伴天連ポルト(ポート)ヌーネス=バレトボルジェス

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コーロスの関連情報