ゴナイブ(英語表記)Gonaïves

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴナイブ
Gonaïves

西インド諸島中部,ハイチ北西部の都市。首都ポルトープランスの北北西約 100km,ゴナブ湾にのぞむ港湾都市。インディオの集落から発展した町で,肥沃なアルティボニト川流域平野の商業中心地として,港からコーヒー,綿花,砂糖,バナナ,マンゴーなどを積出す。 1804年 J. J.デサリーヌがハイチ独立宣言を行なった町として知られ,独立 100年を記念して 1904年開館した百年記念博物館がある。人口6万 3291 (1992推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ゴナイブ(Gonaïves)

ハイチ北西部の都市。首都ポルトープランスの北西約100キロメートル、ゴナイブ湾に面する。港湾都市であり、コーヒー・バナナ・砂糖などを積み出す。19世紀初頭、建国の父と称されるJ=J=デサリーヌが独立宣言をした地として知られる。ゴナイーブ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ゴナイブ

ハイチ第3の都市。ポルトープランスの北北西170kmの港湾都市で,〈独立の都市〉と呼ばれる。1804年,デサリーヌが当市で独立宣言を行い,1986年にはJ.デュバリエを打倒した運動がここから始まった。22万8725人(2009)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android