コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴナイブ Gonaïves

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴナイブ
Gonaïves

西インド諸島中部,ハイチ北西部の都市。首都ポルトープランスの北北西約 100km,ゴナブ湾にのぞむ港湾都市。インディオの集落から発展した町で,肥沃なアルティボニト川流域平野の商業中心地として,港からコーヒー,綿花,砂糖,バナナ,マンゴーなどを積出す。 1804年 J. J.デサリーヌがハイチ独立宣言を行なった町として知られ,独立 100年を記念して 1904年開館した百年記念博物館がある。人口6万 3291 (1992推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ゴナイブ

ハイチ第3の都市。ポルトープランスの北北西170kmの港湾都市で,〈独立の都市〉と呼ばれる。1804年,デサリーヌが当市で独立宣言を行い,1986年にはJ.デュバリエを打倒した運動がここから始まった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

ゴナイブの関連キーワードジェラール ラトルチュ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android