ゴルテュン法典(読み)ゴルテュンほうてん

世界大百科事典 第2版の解説

ゴルテュンほうてん【ゴルテュン法典】

エーゲ海クレタ島の中央南部,古代ギリシア都市ゴルテュンGortynの遺跡より出土した前5世紀の大碑文。ローマ時代の小劇場の湾曲した内壁の一部に刻まれ,現在もそのままの形で保存されているが,本来この壁面は,ギリシア時代の法廷建物に属していたと推定されている。碑文は12欄columnから成り,各欄約55行,各行平均20字強を数える。親族・相続法を中心に,刑法民事訴訟法債権・物権法にかかわる事項をも交えた法律を刻み,その規模規定の多様性とある種のまとまりによって〈ゴルテュン法典〉と通称される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android