コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴルテュン法典 ゴルテュンほうてん

世界大百科事典 第2版の解説

ゴルテュンほうてん【ゴルテュン法典】

エーゲ海クレタ島の中央南部,古代ギリシア都市ゴルテュンGortynの遺跡より出土した前5世紀の大碑文。ローマ時代の小劇場の湾曲した内壁の一部に刻まれ,現在もそのままの形で保存されているが,本来この壁面は,ギリシア時代の法廷の建物に属していたと推定されている。碑文は12欄columnから成り,各欄約55行,各行平均20字強を数える。親族・相続法を中心に,刑法,民事訴訟法,債権・物権法にかかわる事項をも交えた法律を刻み,その規模,規定の多様性とある種のまとまりによって〈ゴルテュン法典〉と通称される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android