ゴルトベルク変奏曲

デジタル大辞泉プラスの解説

ゴルトベルク変奏曲

アメリカの振付家ジェローム・ロビンズによるバレエ(1971)。原題《Goldberg Variations》。初演はニューヨーク・シティ・バレエ団。音楽はJ・S・バッハの同名のクラヴィーア曲集を使用。

ゴルトベルク変奏曲

ドイツの作曲家J・S・バッハのクラヴィーア曲集(1742)。原題《Goldberg-Variationen》。名称は、弟子のゴルトベルクが不眠で悩むカイザーリンク伯爵のために演奏したという逸話に由来する。主題となる最初と最後のアリアの間で、30の変奏が展開される。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉の解説

ゴルトベルクへんそうきょく【ゴルトベルク変奏曲】

《原題、〈ドイツ〉Goldberg-Variationenバッハクラビーア曲集。1742年作。主題となる最初と最後のアリアと、30の変奏曲で構成される。名称は、弟子のゴルトベルクが不眠で悩むカイザーリンク伯爵のために演奏したという逸話に由来する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ゴルトベルク変奏曲の関連情報