ゴルトベルク変奏曲

デジタル大辞泉プラスの解説

ゴルトベルク変奏曲

アメリカの振付家ジェローム・ロビンズによるバレエ(1971)。原題《Goldberg Variations》。初演ニューヨーク・シティ・バレエ団。音楽はJ・S・バッハの同名のクラヴィーア曲集を使用。

ゴルトベルク変奏曲

ドイツの作曲家J・S・バッハのクラヴィーア曲集(1742)。原題《Goldberg-Variationen》。名称は、弟子ゴルトベルク不眠で悩むカイザーリンク伯爵のために演したという逸話に由来する。主題となる最初と最後のアリアの間で、30の変奏が展開される。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉の解説

ゴルトベルクへんそうきょく【ゴルトベルク変奏曲】

《原題、〈ドイツ〉Goldberg-Variationenバッハクラビーア曲集。1742年作。主題となる最初と最後のアリアと、30の変奏曲で構成される。名称は、弟子のゴルトベルクが不眠で悩むカイザーリンク伯爵のために演奏したという逸話に由来する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ゴルトベルク変奏曲の関連情報