コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴレスターン宮殿 ゴレスターンキュウデン

2件 の用語解説(ゴレスターン宮殿の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ゴレスターン‐きゅうでん【ゴレスターン宮殿】

Kakheh Golestan》イランの首都テヘランにある宮殿。イマームホメイニー広場の南側に隣接する。19世紀にカージャール朝の王宮として建造。美しいペルシア式庭園があることで有名。現在、民族学博物館をはじめ、七つの博物館がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界遺産詳解の解説

ゴレスターンきゅうでん【ゴレスターン宮殿】

2013年に登録された世界遺産文化遺産)。イランの首都テヘラン中心部にある豪奢なゴレスターン宮殿は、古典的なペルシャの工芸や建築に、西洋の影響を見事に統合したカージャール朝(1796~1925年)期の名建築物。ゴレスターンとは、「バラの園」を意味し、バラが美しい国として知られるイランを象徴した造りとなっている。周壁に囲まれた宮殿は、テヘランでもっとも古い宮殿建築の一つで、1779年にカージャール家が権力を得たためにテヘランに首都が置かれ、この宮殿が、カージャール朝の政庁となった。池と植物が美しい庭園を囲む形で建てられた宮殿は、カージャール朝の芸術と建築の粋とされ、今日に至るまでのイランの芸術家や建築家にとってインスピレーションの源泉であるとともに、伝統的なペルシャの芸術・工芸と18世紀の建築と技術を結合した新しい建築様式の代表例としても評価されている。◇英名はGolestan Palace

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゴレスターン宮殿の関連キーワードな・い

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone