コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴンザーガ家 ゴンザーガけ

1件 の用語解説(ゴンザーガ家の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ゴンザーガけ【ゴンザーガ家】

1328‐1627年イタリアマントバを支配した名家。ゴンザーガGonzaga家の出自については騎士と下層民の両説がある。13世紀末にはマントバ,ブレシアフェラーラ,レッジョ,クレモナベローナイブレアに土地を所有する勢力家となる。身分的にも1328年ルイジ1世がボナコルシ家を追放してマントバのカピターノに就任して以後,市の主要官職を同家が独占する。クレモナ,レッジョ,レニャーノ等に支配を拡大し,皇帝から1433年辺境伯位,1530年公爵位を授けられ,翌年婚姻関係からモンフェラート辺境伯位も加わる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のゴンザーガ家の言及

【イタリア音楽】より

…ルネサンス期に他の諸分野において,イタリア人の活躍がどれほどいちじるしかったかを考えると,音楽の創作の不振の理由を説明するのは困難である。1500年前後のイタリア人の創作としては,マントバ(ゴンザーガ家),フェラーラ(エステ家),フィレンツェ(メディチ家)における,フロットラ(世俗歌)やカント・カルナシャレスコ(謝肉祭の歌)などの創作が目だっている。01年にベネチアの印刷業者のペトルッチが《オデカトン(百の歌の意)》と名づけて出版した多声音楽の曲集は,印刷譜の最初のものとされている。…

【マントバ】より

…ローマ時代の代表的詩人ウェルギリウスの生地として知られるマントバは,その叙事詩《アエネーイス》によれば,エトルリアに起源をもつとされる。中世には自由都市として栄え,1167年ロンバルディア都市同盟の一員となり神聖ローマ皇帝に対抗,1273年にはボナコルシ家が権力を手中に収めたが,1328年以来1707年までゴンザーガ家の統治するマントバ公国となる。ルネサンス期には,拮抗する三大勢力(ミラノ,ベネチア,教皇領)の緩衝地帯として政治上重要な地位を占め,また学芸擁護の中心地ともなった。…

※「ゴンザーガ家」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ゴンザーガ家の関連キーワードカルドゥッチポリプロピレンマッツィーニマンゾーニマントンイタリア半島イタリアン言葉を挟むANSAイタリアのハロルド

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone