コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴーデスベルク綱領 ゴーデスベルクこうりょうGodesberger Grundsatzprogramm der SPD

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴーデスベルク綱領
ゴーデスベルクこうりょう
Godesberger Grundsatzprogramm der SPD

1959年 11月 15日バートゴーデスベルク開かれた西ドイツの社会民主党臨時大会で採択された綱領。これによって同党は長年のマルクス主義の伝統を清算し,労働者階級の政党から国民大衆の政党への転換をはかり,イデオロギーに束縛されない政策を提唱した。同綱領の成立の背景には党首の E.オーレンハウアーら西欧型社会民主主義者の経験に基づくところが大きい。これによって社会民主党は 61年以降,総選挙ごとに3%ずつ得票率を伸ばし,72年 11月の総選挙ではキリスト教民主同盟を抜いて第一党となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ゴーデスベルク綱領の関連キーワードチベット問題ルナ恐怖映画フィルムは生きているヌジョマ安保闘争VIVO薄桜記人間の壁フランキー堺

今日のキーワード

闇ポテチ

2017年に起こったジャガイモ不足を発端に、非正規のルートで流通したポテトチップスのこと。16年の台風被害などで原料となる北海道産ジャガイモの収穫量が減少したことを受け、17年3月に株式会社湖池屋が、...

続きを読む

コトバンク for iPhone