コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴーデスベルク綱領 ゴーデスベルクこうりょうGodesberger Grundsatzprogramm der SPD

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴーデスベルク綱領
ゴーデスベルクこうりょう
Godesberger Grundsatzprogramm der SPD

1959年 11月 15日バートゴーデスベルクで開かれた西ドイツの社会民主党臨時大会で採択された綱領。これによって同党は長年のマルクス主義の伝統を清算し,労働者階級の政党から国民大衆の政党への転換をはかり,イデオロギーに束縛されない政策を提唱した。同綱領の成立の背景には党首の E.オーレンハウアーら西欧型社会民主主義者の経験に基づくところが大きい。これによって社会民主党は 61年以降,総選挙ごとに3%ずつ得票率を伸ばし,72年 11月の総選挙ではキリスト教民主同盟を抜いて第一党となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ゴーデスベルク綱領の関連キーワード社会民主党(ドイツ)ドイツ社会民主党民主社会主義ウェーナー

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android