コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴールドワッサー ゴールドワッサー Goldwasser(ドイツ)

2件 の用語解説(ゴールドワッサーの意味・用語解説を検索)

飲み物がわかる辞典の解説

ゴールドワッサー【Goldwasser(ドイツ)】


ポーランドグダニスクなどに産する、ハーブを用いた甘みの強いリキュールスピリッツアニスやキャラウェイなど10種類以上の薬草や香草を浸漬したあと蒸留し、万病の薬とされた金箔を添加する。アルコール度数は40度前後。◇「金の水」という意。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゴールドワッサー
ごーるどわっさー
Goldwasserドイツ語

金箔(きんぱく)の入った無色の甘いリキュール。ブランデーやスピリッツにアニスやキャラウェーなど十数種類の薬草を浸漬(しんし)して、その後蒸留する。金箔の浮遊性をよくするために糖分を多く加えてあるので非常に甘く、アルコール分は約60%と高い。
 歴史的に古いリキュールとして有名で、16世紀末、ポーランドの港市ダンツィヒ(グダニスク)のデル・ラックス商会によって初めてつくられたといわれ、「ダンツィヒの黄金の水」ともよばれる。アニスやキャラウェーの薬効のほかに、純金は古くから万病の薬として知られているので、このリキュールもそういう意味で愛用される。[原 昌道]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゴールドワッサーの関連キーワードウィスワ川グダニスクグダンスクグディニャソポトポーランド回廊ベステルプラッテチュニスのグランドモスクグダンスク湾阪東宏

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ゴールドワッサーの関連情報