サイクロトロン放射(読み)サイクロトロンほうしゃ(英語表記)cyclotron radiation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サイクロトロン放射
サイクロトロンほうしゃ
cyclotron radiation

比較的低速荷電粒子によるシンクロトロン放射放射される電磁波周波数磁束密度B ,粒子の電荷q質量m とすると,qB/2πm で与えられる一定値をとる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

サイクロトロン‐ほうしゃ〔‐ハウシヤ〕【サイクロトロン放射】

磁場内で荷電粒子が円運動または螺旋運動するときに放射される電磁波。また、荷電粒子の速度が光速に近い場合の放射をシンクロトロン放射という。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

サイクロトロンほうしゃ【サイクロトロン放射 cyclotron radiation】

一様な静磁場中を磁場に垂直方向に運動する荷電粒子は,ローレンツ力を受けて円軌道上を一定速度で周回することが知られている。粒子速度vが光速度cよりはるかに小さい場合(v/c≪1),この荷電粒子からエネルギーの一部が電磁波として放射される現象をサイクロトロン放射と呼び,電気双極子放射で表される。サイクロトロン放射の角度分布はかなりの程度等方的であるが,vcに近づくにつれて放射は前方に集中する傾向があり,シンクロトロン放射と呼ばれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android