サイモン ラトル(英語表記)Simon Rattle

現代外国人名録2016の解説

職業・肩書
指揮者 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団首席指揮者・芸術監督

国籍
英国

生年月日
1955年1月19日

出生地
リバプール

学歴
王立音楽アカデミー(英国)

勲章褒章
CBE勲章

受賞
オックスフォード大学名誉博士号〔1999年〕,ジョン・プレイヤー国際指揮者コンクール第1位〔1974年〕

経歴
ロンドンの王立音楽アカデミーでピアノ、打楽器、指揮を学び、ブーレーズにも師事。1974年ジョン・プレイヤー国際指揮者コンクールに優勝、同年ボーンマス交響楽団とボーンマス・シンフォニエッタのアシスタントとなる。’75年ニュー・フィルハーモニア管弦楽団を指揮して正式にデビューし、大成功を収めた。’76年ロイヤル・リバプール・フィル準指揮者、’77〜80年BBCスコットランド交響楽団副指揮者。’80〜98年バーミンガム市交響楽団(CBSO)首席指揮者、’90年9月〜’98年同音楽監督を務め、地方オーケストラだったCBSOを世界レベルに押し上げた。’81年からロサンゼルス・フィル首席客演指揮者兼任。’92年8月ザルツブルク音楽祭に登場し、マーラー「交響曲10番」、ヤナーチェフ「グラゴル・ミサ」などを演奏し喝采を浴びる。2002年9月ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団首席指揮者兼芸術監督に就任。古典から近現代曲まで幅広く指揮する。エイジ・オブ・エンライトゥメント管弦楽団にも客演。ジャズも録音。英国では“ゴールデン・バトンを持つモップ・ヘッド(もじゃもじゃ頭)”といわれ人気を集めている。1994年ナイト爵(Sir)に叙せられる。’85年初来日。2017年9月よりロンドン交響楽団音楽監督に就任の予定。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サイモン ラトルの関連情報